JPモルガンのダイモン氏、「驚くほどに職務遂行」-がん闘病中

米銀JPモルガン・チェースのジェ イミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は元気に職務を遂行してい る。喉頭がんの治療を受けている同氏について、マリアン・レーク最高 財務責任者(CFO)が明らかにした。

レーク氏はニューヨークで開催された金融サービス業界の会合で、 「少し声がかすれ、喉がいがらっぽいようだが元気そうにしている」と 述べた。「今では出張もせず、これまでのように何でもやるわけではな いので、実際こちらがショックを受けるほどに会社にいる。あらゆる業 務に携わっており、ユーモアのセンスも披露している」と続けた。

ダイモン氏(58)は7月1日、近く放射線治療や化学療法を受ける ことになると公表。治療中も勤務は可能だと述べていたが、この発表を 受けて後任人事をめぐる新たな憶測が浮上した。同氏は2006年からJP モルガンを率いている。

ダイモン氏は7月15日、同行はあらゆるシナリオに対して準備を整 えており、病状に重大な変化があればその旨公表すると述べていた。

原題:Dimon Is ‘Shockingly Present’ Amid Cancer Therapy, CFO Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE