アップル:腕時計端末や新型アイフォーン発表-決済システムも

米アップルは9日、新たな製品・サ ービスを発表し、腕時計型ウェアラブル端末「アップル・ウオッチ」と モバイル決済システム、健康管理用アプリケーション、大画面の新型 「iPhone(アイフォーン)」を披露した。これらの新製品・サー ビスは相互に連携する。ティム・クック最高経営責任者(CEO)就任 後では最大の新ラインナップ発表。

アップル・ウォッチは長方形の文字盤で縁に丸みがあり、リストバ ンドは交換可能。価格は349ドル(約3万7000円)からで、2015年の早 い時期に発売の予定。アップルにとっては2010年にタブレット端末「i Pad(アイパッド)」を発表して以来の新たな製品分野への進出とな る。

同社が9日にカリフォルニア州の本社近くで開いたイベントでは、 アップル・ウォッチやアイフォーンに電子財布の機能を持たせることが できる決済システム「アップル・ペイ」も公表。スクリーンを大きくす るなど大幅に改良を加えた新型「アイフォーン6」(画面サイズ4.7イ ンチ)と「アイフォーン6プラス」(同5.5インチ)も披露。さらに、 アップル・ウオッチとアイフォーンで作動する健康管理アプリも紹介し た。

アップルの株価は9日、同イベント終了時には下落。終値は前日 比0.4%安の97.99ドル。アップル株は新製品発表日には下落するケース が多く、「アイフォーン5s」と「アイフォーン5c」を発表した2013 年9月10日には2.3%値下がりしていた。

クック体制

今回のイベントは、2011年にスティーブ・ジョブズ共同創業者から 経営を引き継いだクックCEOの下では最も幅広い製品発表だ。アップ ルはここ3年、既存製品のわずかな改良にとどめるケースがほとんどだ ったため、新たなヒット商品の開発能力を疑問視されていたが、今回の 新製品ラインナップの発表を通じ、競争の激しい消費者向けテクノロジ ー業界の新しい領域に参入する。

クックCEOはプレゼンテーションの開始に当たり、「驚くほど素 晴らしい製品を紹介する」と述べ、「今日の終わりには、アップルにと って非常に重要な日であることを納得してもらえるだろう」と述べた。

アップル・ウオッチは新たに設計したソフトウエアを搭載し、側面 のダイヤルで操作できる。タッチスクリーンを備え、サイズは2種類 で、クラシックとスポーツ、ゴールドの3モデルで発売される。脈拍の 検知や消費カロリーのモニター、座った状態の継続時間の測定といった 健康管理アプリのほか、地図や写真、音楽、メッセージなどのアプリも 搭載している。同製品を機能させるにはアイフォーンが必要。来年の発 売時に購入できるのは米国のみだと同社は説明した。

クックCEOは「アップル・ウオッチはわれわれがこれまで開発し た機器で最も本人がじかに使うものだ。世界で最高の腕時計を作ること を目指した」と語った。

12日から先行予約

決済サービスのアップル・ペイは、アップル・ウオッチやアイフォ ーンと連動。アップルはクレジットカード会社アメリカン・エキスプレ スや決済ネットワークのマスターカード、ビザなどと提携し、米国で10 月からサービスを開始する。

新型アイフォーンは角には丸みがあり、従来モデルよりも薄型、デ ィスプレーの解像度も高めた。価格は携帯電話事業者との2年契約でア イフォーン6が199-399ドル、アイフォーン6プラスが299-499ドル。 色はシルバー、ゴールド、スペースグレーの3色。12日から先行予約を 受け付け、19日に発売する。最初に投入する市場は米国とオーストラリ ア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、日本、プエルトリコ、シンガポ ール、英国。

原題:Apple Unveils Product Barrage of Watch, Bigger IPhones and Pay(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE