ウォール街の弁護士、NYのバーガー引っ下げロンドンに進出

ザン・カウフマン氏はニューヨーク で弁護士として働いていた時よく、2番街にある友人のハンバーガーレ ストラン、ザイトゼフで日曜のブランチ時の手伝いをした。

その後、絶え間ないストレスと長い労働時間に嫌気が差した同氏は 弁護士の仕事をやめ、ロンドンで移動ハンバーガー店を自ら開いた。そ してとうとう、ブリーカー・ストリート・バーガーにとって初の固定店 舗となる拠点を見つけた。今後は店舗を増やしていく計画だ。

米コネティカット州グリニッチ生まれのカウフマン氏(35)は2006 年から09年にかけて、法律事務所ポール・ワイスで法廷弁護士をしてい た。その後ジョーンズ・デイに移ったが、恋が同氏を自由にした。

「英国人と結婚したのでロンドンに引っ越すことは分かっていた。 右も左も分からないうちからバーガー店を開きたいと思っていた」と、 同氏はロンドンの金融街シティーに近いスピタルフィールズ・マーケッ トでインタビューに答え語った。

同マーケットにあるブリーカーの移動店舗からは、1日最高300個 が売れる。新しい固定店舗もこの近くに開くという。カウフマン氏によ れば、高級ハンバーガー市場の競争は激しい。競合するのはパティ・ア ンド・バンやラッキー・チップ、バーガー・ベア、マザー・フリッパ ー、ストリート・キッチン、オネスト・バーガーズなどだ。コベント・ ガーデンに昨年7月オープンしたシェイク・シャックとファイブ・ガイ ズは言うまでもない。

ニューヨークのバーガーがロンドンで勝てるのか。カウフマン氏に よれば、最高級品ではニューヨークもロンドンもあまり変わらない。 「差がつくのは普通のバーガーよ。ニューヨークではレストランが出す バーガーが素晴らしい。ロンドンのパブが出すバーガーに比べると大違 いで、ニューヨークの方がずっと上」だという。

ブリーカーの普通のチーズバーガーの値段は6ポンド(約1026 円)、ダブルチーズバーガーは8.5ポンド。肉は英国産の放牧牛を専門 に扱う精肉店から仕入れる。アイルランドのクロナキルティの名物ブラ ックプディングをパテの間に挟んだブリーカー・ブラックは10ポンド。

ロンドンでは高級バーガーを迅速に出す店がとても少ないので、ブ リーカーに進出の余地はあるとカウフマン氏は考えている。「市場展開 という言い方は嫌い。コンセプトを作り出してブランドを売り込もうと しているわけではない。ブリーカーのことは自分の子供のように感じて いる。でも店舗をたくさん増やしたい。楽しんでいる」と同氏は話し た。

原題:Wall Street Lawyer Serves New York Burgers to Hungry Londoners(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE