BOAで勤務開始できず、元雇用主のドイツ銀が待った-関係者

バンク・オブ・アメリカ(BOA) の欧州債券トレーディング責任者として3月に採用されたミケレ・フォ レスティ氏は半年たった今も新天地での仕事を始められずにいる。元雇 い主のドイツ銀行が、当局による移籍の承認手続きを遅らせているため だ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、、ドイツ銀行は同行 に18年在籍したフォレスティ氏が新しい仕事を始めることについて、元 雇用主として必要な情報を規制当局に提出するのを渋っている。フォレ スティ氏(45)は6月にBOAでの勤務を開始する予定で英金融行動監 視機構(FCA)との面接を設定していたが、面接は延期されていると いう。FCAでの同氏の登録は「非活動中」となっている。

金融機関の新規採用者の経歴チェックが厳格になり、勤務開始は遅 れる傾向にある。ドイツ銀で金利と欧州クレジットのフロートレーディ ングを手掛けていたフォレスティ氏はBOAで欧州・中東・アフリカの 債券・通貨・商品トレーディング責任者となる予定。

金融機関の活動でトレーディングなど規制対象となる業務に「相当 の影響力」を持つ幹部についてはFCAの承認を得る必要がある。

原題:BofA Europe Bond Head Said Stuck in Limbo by Deutsche Bank Delay(抜粋)

--取材協力:Julia Verlaine、Gavin Finch、Elisa Martinuzzi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE