元SAC運用担当者マートマ被告に禁錮9年-インサイダー取引

ニューヨーク・マンハッタンの米連 邦地裁は8日、インサイダー取引で有罪評決を受けた米ヘッジファンド 運営会社SACキャピタル・アドバイザーズの元ポートフォリオマネジ ャー、マシュー・マートマ被告に対し禁錮9年の判決を言い渡した。

マートマ被告(40)は2月、違法な情報を利用して製薬会社エラン とワイスの株取引で2億7500万ドル(現在の為替レートで約290億円) の利益を上げたとして、有罪評決を受けていた。当局はSACに対する 調査への協力と引き換えに司法取引を提案していたが、同被告は拒否し ていた。

マートマ被告を最後にSACの元アナリストとファンドマネジャー 7人が有罪となり、SACを率いた資産家スティーブン・コーエン氏に 対するマンハッタン連邦地検のプリート・バラーラ検事正の調査が一区 切りついたことになる。コーエン氏は罪に問われていない。SACへの 調査は、ラジ・ラジャラトナム受刑者が共同で創業したガリオン・グル ープを含むヘッジファンドに対する政府のインサイダー取引摘発の一 環。

原題:SAC Fund Manager Martoma Sentenced to Nine Years in Prison (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE