LMEニッケル:9週間ぶり高値-フィリピンからの供給懸念

8日のロンドン金属取引所( LME)ではニッケル相場が9週間ぶり高値に上昇。フィリピンからの 鉱石輸出が減少するとの懸念が広がった。

LMEニッケル相場(3カ月物)は前週末比1.8%高の1トン =19930ドルで終了。一時19940ドルと、7月3日以来の高値を付けた。 先週は4.1%高と、5週連続で値上がりし、3月以来の長期上昇となっ た。

LME銅相場(3カ月物)は0.2%高の1トン=6990ドル。アルミ ニウムも上昇。亜鉛と鉛、スズは下落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12 月限終値は1ポンド=3.1685ドルと、0.1%未満の下げだった。

原題:Nickel Climbs to 9-Week High on Philippine Ore Supply Concerns(抜粋)

--取材協力:Jae Hur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE