英銀RBSとロイズ株が下落、スコットランド独立賛成派優位で

8日の英株式市場でロイヤル・バン ク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)とロイズ・バンキン グ・グループ株が続落。スコットランド独立の是非を問う住民投票を18 日に控えて賛成派が優位に立ったことで、スコットランド向け融資の多 い両行株が売られた。

ロンドン時間午前9時49分現在、ロイズ株は2.7%安の72.03ペン ス。先週は3%下げた。RBSは2.5%安の338.40ペンス。

クレディ・スイス・グループのカーラ・アンテューンズシルバ氏ら 複数のアナリストの概算によれば、ロイズのスコットランドの消費者お よび商工向けローン残高は約260億ポンド(約4兆4000億円)、RBS は少なくとも140億ポンド。

原題:RBS, Lloyds Decline as Poll Puts Scotland Separatists Ahead (1)(抜粋)

--取材協力:Jon Menon、Richard Partington、John Glover.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE