英ポンド下落、スコットランド懸念で14カ月で最大の下げ

ロンドン時間8日朝の外国為替市場 で英ポンドは1年2カ月で最大の下げ。スコットランド独立の是非を問 う住民投票を18日に控え、世論調査で独立賛成派が半数を超えたことか ら懸念が強まった。

ロンドン時間午前8時18分までに、ポンドは前週末比1%安の1ポ ンド=1.6165ドルとなった。一時は昨年11月26日以来の安値の1.6145ド ルを付けた。先週は1.6%下落。英国株のFTSE100指数は0.3% 安。10年物英国債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇。

ウクライナで停戦合意違反や死傷者が報告される中、ロシア・ルー ブルも下落。対ドルで0.4%安の1ドル=37.082ルーブル、対ユーロ は0.3%安の1ユーロ=47.98ルーブル。

--取材協力:Jonathan Burgos.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE