新興市場株:3日ぶり反発-インドとインドネシア株が最高値

8日の新興市場の株式相場は3営業 日ぶりに反発。米国や日本などの低金利政策により比較的リスクの高い 資産への需要が高まるとの観測が支えとなっている。インドとインドネ シアの株価指数はそれぞれ最高値を付けた。

インドのS&Pセンセックス指数は前週末比0.8%高。今年に入っ て海外から同国株式市場に流入した投資資金が136億ドル(約1兆4300 億円)と、アジアで最大となった。インド石油ガス公社(ONGC)な どが高い。インドネシアのジャカルタ総合指数は0.6%高。香港に上場 する中国本土株の指標であるハンセン中国企業株(H株)指数も、約9 カ月ぶりの高値に近づいている。

MSCI新興市場指数は香港時間午後2時12分(日本時間同3時12 分)現在、前週末比0.2%高の1098.92。

為替市場ではマレーシア・リンギット、インド・ルピー、インドネ シア・ルピアがそれぞれ対ドルで上昇している。

原題:Emerging Stocks Rise as Indian, Indonesian Shares Reach Records(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE