香港株:ハンセン指数、3日続落-中国輸入が予想外に減少

香港株式市場ではハンセン指数が3 営業日続落。中国が発表した8月の貿易統計で輸入が市場予想に反して 減少したことが嫌気された。アジア最大のインターネット企業テンセン ト・ホールディングス(騰訊)の下げも響いた。

テンセント(700 HK)は1.7%安。電力会社の電能実業(6 HK) が1.8%下げるなど、公益株も売られた。不動産開発のヘンダーソン・ ランド・デベロップメント(恒基兆業地産、12 HK)は2.1%上昇。傘下 の小売りチェーンをグループ会社に売却する計画を当局に届け出た。

ハンセン指数は前週末比0.2%安の25190.45で終了。一方、ハンセ ン中国企業株(H株)指数は0.4%上昇し11408.67で引けた。中国本土 の株式市場は祝日のため休場。9日には香港市場が祝日で休場となる。

敦沛証券の投資マネジャー、ウィリアム・ファン氏(香港在勤)は 「投資家は中国経済が7-12月(下期)に改善すると予想しているが、 この日の輸入データを見て、工業セクターは景気回復を支えるほど良く ないかもしれないとの懸念を抱いた」と指摘。その上で「資金が香港市 場に流入しつつあり、長期的に相場を少しずつ押し上げるのに寄与する はずだ。バリュエーション(株価評価)は比較的低い」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Decline After China Trade Data; Tencent Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE