米大統領:スンニ派諸国に一段の関与求める-イスラム国掃討

オバマ米大統領はサウジアラビアな どイスラム教スンニ派が主流の諸国に一段の関与と主導的役割を求める 戦略の下でイラクとシリアの過激派武装組織「イスラム国」への新たな 「攻撃に乗り出す」と表明した。

オバマ大統領は7日のNBC放送の番組「ミート・ザ・プレス」と のインタビューで、今後の計画を10日の演説で説明すると述べた。同大 統領は野党などからイスラム国に対処するための戦略が欠けているとの 批判を受けている。

同大統領は新たな計画について、地上軍の投入は行わないが資源が さらに必要になると発言。「この5-7年間、絶えず関わってきた反テ ロリズム作戦と似たものになろう」と説明した。シリア国内の標的まで 空爆を拡大するかどうかについてはコメントを控えた。

原題:Obama Pledges New Offense to Combat Islamic State Militants (1)(抜粋)

--取材協力:Phil Mattingly、Angela Greiling Keane.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE