子供へのお小遣い、将来の借金回避に役立つ可能性-調査

お小遣いを与えられている子供たち はその後の人生で資産運用がうまくなり、負債を抱える傾向が低いこと が、オランダの金融サービス最大手、INGグループの調査で明らかに なった。子供へのお小遣いに関して欧州で最も寛大なトルコ人とイタリ ア人にとって朗報と言えそうだ。

INGが8日発表した報告書によると、子供のころにお小遣いをも らっていた人の55%が定期的に貯蓄と年金を積み立てており、もらって いなかった人の場合、この割合は45%だった。子供にお小遣いを与えて いる保護者の約4分の3が、お小遣いは子供の自立を促し、お金の価値 を認識することに役立っていると答えた。

調査によると、お小遣いを与える保護者の割合が欧州地域で最も高 いのはトルコで95%、最も低いのはオランダで67%だった。お小遣いの 金額はイタリア人が最も多く、ティーンエージャーの子供には週最高30 ユーロ(約4100円)を与えている。平均額が最も少ないのはオランダ人 だった。

INGのシニアエコノミスト、イアン・ブライト氏は電子メールで 「子供に一定の資産管理をさせることは、子供たちがお金の価値を認識 し予算を立てる基本的なスキルを磨く1つの方法になるかもしれない。 親元を離れた際の経済的自立の準備につながるだろう」と指摘した。 INGは市場調査会社イプソスに委託し、欧州の13カ国の子供と成人1 万2403人を調査した。

原題:Pocket Money Could Help Your Kids Avoid Debt, ING Study Finds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE