JPモルガンCEOの2%でも払い過ぎ-工商銀の会長報酬

中国最大の銀行、中国工商銀行の利 益は米銀大手JPモルガン・チェースの倍に上ると報告されているが、 工商銀の姜建清会長が昨年得た報酬はJPモルガンのジェイミー・ダイ モン最高経営責任者(CEO)の2%にも満たない。だが姜会長は褒美 をもらえるどころか報酬を減らされる見通しだ。

中国政府は先月、「不当に高い」所得が国民の不満の矛先になって いるとして、国有企業幹部の給料を削減すると表明。政府の無駄な出費 や腐敗をなくすことで支持拡大を図る習近平国家主席のキャンペーンの 一環だが、大手銀行はこの計画を実行に移すと表明している。

こうした措置に伴うリスクは、金利の規制緩和やシャドーバンキン グ(影の銀行)の急拡大、不良債権の増加に対処する有能な管理職が中 国で求められているときに金融機関から人材が流出することだ。

中国の政治と金融が専門の米カリフォルニア大学サンディエゴ校の ビクター・シー(史宗瀚)准教授は、中国の「4大銀行は数千人とは言 わないまでも数百人の非常に優秀な人材に運営を頼る大企業だ」とした 上で、重要な人材の流出は「大きな混乱」を招く恐れがあると分析す る。

年次報告書のデータによると、工商銀と中国建設銀行、中国農業銀 行、中国銀行、交通銀行から成る中国5大行では計170万人に達する従 業員の給料・賞与・手当は2013年に平均23万300元(3万7500ドル= 約390万円)となった。これは中国で唯一の上場民間銀行である中国民 生銀行の3分の1未満だ。

外銀との格差

外国銀行との格差はさらに大きい。ブルームバーグがまとめたデー タによれば、JPモルガン従業員の給料・手当は全世界で平均12万2700 ドル。欧州の銀行最大手、英HSBCホールディングスでは7万1400ド ルだ。米シティグループの中国現地法人は賞与や手当などを含めた昨年 の従業員報酬が平均約36万3000元(5万9000ドル)だった。

姜会長(61)は昨年、給料と賞与、手当で200万元を受け取った。 これは約32万6000ドルに相当し、資産額で米銀最大手であるJPモルガ ンのダイモンCEO(58)の総報酬(約2000万ドル)の1.6%に当た る。北京に本店を置く工商銀は報酬や従業員の在籍動向の見通しについ てコメントを控えた。

中国誌、財経が8月25日、財政省などの匿名の関係者の話として伝 えたところでは、銀行や中央政府が管理する国有企業のトップの給料は 最大70%削減され、60万元(10万ドル弱)が上限に設定される可能性が ある。報道に関するコメントを求めて国務院新聞弁公室に2回電話をか けたが返答はなかった。

原題:Overpaid in China Means 2% of Dimon Earnings to Run Biggest Bank(抜粋)

--取材協力:Alfred Liu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE