【個別銘柄】ソフバンク高い、全米テニス関連活況、楽天安い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

ソフトバンク(9984):前週末比2.1%高の7628円。出資先の中国 アリババ・グループ・ホールディングが5日、米国で新規株式公開 (IPO)の申請を行い、仮条件レンジは1米国預託株式(ADS)当 たり60-66ドルとした。同社は最大で211億ドル(約2兆2200億円)を 調達、米国では史上最大規模のIPOになるもようで、保有株の含み益 発生を見込む買いが広がった。アリババは19日にもニューヨーク証券取 引所に上場する。

ヨネックス(7906):150円(16%)高の1080円でストップ高。テ ニス4大大会の最終戦である全米オープン準決勝が7日に行われ、錦織 圭が世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下し、 8日の決勝に進んだ。日本人選手の活躍による国内テニス市場の活性化 が見込まれた。矢野経済研究所のスポーツ用品市場に関する調査結果で は、2013年の国内テニス用品市場は前年比0.5%増、14年は1.2%増の見 込み。ダンロップスポーツ(7825)が1.3%高の1250円、テニススクー ルを展開するルネサンス(2378)は1.1%高の960円、全米オープンを放 映中のWOWOW(4839)は7.1%高の4700円。

楽天(4755):4.2%安の1270円。日本経済新聞社は5日に日経平 均株価の定期銘柄入れ替えの見直し結果を公表、新規の採用や除外はな かった。野村証券とみずほ証券は同社を事前に新規採用候補に挙げてお り、失望売りが優勢。また、米通販サイト運営のイーベイツの買収協議 事実も明らかになり、財務負担なども懸念された。このほか、両証が採 用候補としていたヤマハ発動機(7272)も2.5%安の1983円、野村証が 採用予想の任天堂(7974)も1.4%安の1万1775円。一方、除外候補だ った平和不動産(8803)は4.3%高の1710円と急伸。

神戸製鋼所(5406):3.5%高の177円。クレディ・スイス証券は5 日、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価を145円 から210円に上げた。短期的に鉄鋼在庫循環の反転上昇、鉄スクラップ 価格の上昇が株価の押し上げ要因になると指摘。自動車軽量化に寄与す る高張力鋼板とアルミの双方を持ち、長期的な成長期待も高まるとみ る。同証による15年3月期経常利益予想を820億円から830億円(会社計 画800億円)、来期を1000億円から1170億円に増額。

セイコーエプソン(6724):2.8%高の5590円。SMBC日興証券 は5日、投資判断「1(アウトパフォーム)」を継続、目標株価を3800 円から6200円に上げた。インクジェットプリンターの価格維持施策、ビ ッグタンクモデルの順調な拡販で収益性が大幅に改善、消耗品の安定的 な需要拡大が来期以降も継続するとみており、同証による15年3月期営 業利益予想を1090億円から1520億円(会社計画1200億円)、来期を950 億円から1300億円に見直した。

鹿島(1812):2.4%高の549円。SMBC日興証券は5日、投資判 断「1(アウトパフォーム)」を継続、目標株価を530円から630円に上 げた。需給改善による工事利益率の向上を見込み、同証による15年3月 期営業利益予想は320億円(会社計画280億円)、来期470億円とする。 同じく目標株価を600円から680円に上げた大成建設(1801)も2.3%高 の625円。

日立ハイテクノロジーズ(8036):3.1%高の3025円。チップマウ ンタ事業から撤退する、と5日に発表。同事業の一部資産をヤマハ発動 機に譲渡、15年3月末をめどに完了するとしている。野村証券では事業 リスク低減の観点から高く評価、投資判断「買い」を継続し、目標株価 を2969円から3517円に上げた。

小糸製作所(7276):2.3%安の2830円。みずほ証券は5日、投資 判断を「買い」から「中立」に下げた。LEDヘッドランプの採算改 善、北米収益の回復による好業績は株価に織り込まれたと判断した。

医学生物学研究所(4557):100円(20%)高の602円でストップ高。 参画している2つのプロジェクトで、デング熱ウイルスに対し中和活性 を有する完全ヒト型抗デングウイルス抗体の開発に成功した、と5日に 発表。国内外問わず製薬会社への導出・提携を進め、早期の製剤化につ なげたい考え。

千代田化工建設(6366):1.8%高の1220円。同社や台湾の CTCI社など4社が共同で、マレーシアの国営石油会社であるペトロ ナスの特定目的子会社から石油精製・石油化学の統合プロジェクトの残 油流動接触分解(RFCC)装置に係る業務を受注した、と5日に発 表。契約金額は約1300億円で、今後の収益貢献が見込まれた。

シーイーシー(9692):14%高の927円。15年1月期の連結営業利 益計画を21億5000万円から前期比28%増の25億円に上方修正する、と5 日に発表。付加価値の高い自社開発製品の販売、生産性の向上などが寄 与する。同社は独立系のソフトウエア開発、システムインテグレーショ ンを手掛ける。

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス(3657):12% 安の1017円。2-7月期(上期)の連結営業利益は前年同期比13%減の 9億7700万円だった、と5日に発表。主力のデバッグ・検証事業を中心 に売り上げは伸びたが、人件費の増加や国内外拠点の新設・増床費負担 などが響いた。前期比1.8%増の21億8300万円を見込む15年1月期計画 に対する進捗(しんちょく)率は45%。

ラウンドワン(4680):4.3%高の747円。岩井コスモ証券は5日、 投資判断を「B(中立)」から「Bプラス(中立プラス)」、目標株価 を650円から850円に上げた。利便性を高めるシャトルバスの提供やボウ リング料金の値上げ効果などで、既存店売上高が今後回復局面に入る可 能性が高いと予想。同証による15年3月期営業利益予想は105億円(会 社計画100億円)、来期115億円とみている。

クックパッド(2193):3.3%安の3335円。5-7月期(第1四半 期)の連結営業利益は8億1100万円だった、と8日に発表。同社は昨年 8-10月期から連結財務諸表を作成、単純比較はできないが、前年同期 の単体数値8億4300万円より減った。SMBC日興証券は、投資判断 「3(アンダーパフォーム)」、目標株価2500円を継続。会員事業での アフィリエイト費用など販売促進費の増加を指摘した。新サービスのロ ーンチが相次いでいる点は評価しつつも、株価は既に期待を織り込み上 昇している、とみる。

日本駐車場開発(2353):2.6%高の118円。14年7月期の連結営業 利益は前の期比16%増の23億3400万円だった、と5日に発表。国内駐車 場事業の安定成長とタイ事業の黒字化、スキー場事業の拡大が寄与し、 過去最高益となった。15年7月期は前期比24%増の29億円を見込む。

ユビテック(6662):14%高の330円。日本ユニシス(8056)、ジ ョルダン(3710)、日産カーレンタルソリューションの4社は、電気自 動車(EV)/小型EVによるカーシェアローミングサービスを北海道 函館市で開始する、と8日午前に発表。8日から11月29日までの3カ月 間、実証事業として実施する。効果確認時の展開地域の拡大、将来的な 事業化を見込む買いが広がった。

協和コンサルタンツ(9647):5.9%安の175円。経理部門で出納業 務を担当している従業員の不正行為が発覚した、と5日に発表。被害額 は同社と子会社合計で約4500万円と推測、今後の業績、経営管理力を懸 念する売りに押された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE