錦織圭が進出を決めた全米オープン テニスの決勝は、4大大会シングルス決勝としては2005年の全豪以来初 めて4強のフェデラー、ジョコビッチ、ナダル、マリーが不在となっ た。このためチケット販売や視聴率への影響が懸念されている。

米東部時間8日午後5時(日本時間9日午前6時)開始の決勝には 第10シードの錦織圭と第14シードのマリン・チリッチ(クロアチア)が 勝ち上がった。準決勝で敗退した第1シードのジョコビッチと第2シー ドのフェデラーの4大大会シングルス優勝回数は計24回。ラスベガス・ ホテルのスーパーブックでは全米オープン開始時の錦織の優勝オッズ は50対1、チリッチは80対1。英ブックメーカー(賭け屋)、ウィリア ム・ヒルによれば、両者が決勝で顔を合わすオッズは1000対1だった。

チケット販売サイトのシートギークによると、準決勝翌日の7日午 前の決勝チケットの平均転売価格は26%下落して390ドル(約4万1000 円)となった。

来年以降の同大会の独占放映権をESPNが取得したため、今年は CBSが放送する最後の決勝となる。しかし4強不在で関心が遠のき、 視聴率の低下が見込まれている。ホライズン・メディアの調査ディレク ター、ブラッド・アドゲート氏は、全米テニスで過去5回優勝している フェデラーないし世界ランキング1位のジョコビッチが決勝進出した場 合と比べて、視聴者数が33%落ち込む可能性があると分析した。

男子テニス界にプラス効果

元プロテニス選手で現在はテニス専門局でコメンテーターを務める ジャスティン・ギメルストブ氏は、決勝戦の視聴率や入場者がたとえ減 ったとしても、錦織とチリッチの決勝はテニス界にプラス効果をもたら す可能性があると指摘。錦織はテニス人口が拡大しているアジアの象徴 であり、また錦織とチリッチの2人は彼らよりも少なくとも2歳年上の 4強に代わって男子テニス界を担うスター候補だとインタビューで説明 した。

ギメルストブ氏は「これら2人の逸材には多くの興味深いエピソー ドがある」とした上で、「決勝で4強ばかり目にしてきたため物足りな く感じるのであって、こうした状況に慣れるのも時間の問題だ」と語っ た。

原題:U.S. Open Ticket Prices Fall Without Federer, Djokovic (1) (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE