「負けず嫌い」の錦織、世界ナンバーワンのジョコビッチ破る

テニス4大大会最終戦の全米オープ ンは準決勝で錦織圭(日清食品、24)が世界ランキング首位のノバク・ ジョコビッチ(セルビア)を破り、決勝に進出。子どものころからの 「負けず嫌い」を証明して見せた。

1989年12月29日に島根県松江市で生まれた錦織は、5歳でテニスを 始めた。小学6年生の時に史上5人目の全国制覇3冠。中学2年生の時 に財団法人盛田正明テニス・ファンドの強化選手として米フロリダ州の ニック・ボラテリーテニスアカデミーに留学した。

小学1年から中学1年まで錦織を指導したグリーンテニススクール の柏井正樹ヘッドコーチ(54)は、「テニスが好きで、負けず嫌い」だ ったと振り返る。けがで1週間ほど練習を休まなければならなくなった 錦織は家で「俺からテニスとビデオゲームを取り上げるのは死ねと言っ ているのと同じだ」と泣いていたという。

07年10月にプロ転向を表明。08年2月のデルレイビーチ国際選手権 では当時世界ランク12位のジェームズ・ブレークを破って、ツアー初優 勝を達成。同年8月の全米オープンでは日本人男子で71年ぶりにベス ト16進出を成し遂げた。しかし、09年はひじの故障と手術でほぼ1年を 棒に振り、翌10年の再スタートからここまでこぎ着けた。

準決勝の試合後、本田玲二氏(48)は東京駅前でのインタビュー で30年ほど前にウィンブルドンで日本人の若者が優勝する連載漫画があ ったとし、「それと同じ偉業が実現したことは素晴らしい」と述べた。 石原知絵氏(25)は「若いのにすごいの一言。日本のテニス界をもっと 盛り上げてほしい」と話した。

1万人に1人の逸材

テニス・ファンドの盛田正明氏は7日の取材で、「試合は全部観 た。正常心で普段のいいところを全部出してくれた。夢まであと一歩。 ここまできたら月曜日の彼の頑張りに期待する」と答えた。今回の全米 オープンの男子ジュニアダブルスで優勝を果たした中川直樹(17)ら錦 織に続く若手選手の成長に期待している。

4大大会での決勝進出は日本人男子として初めて、アジア人として も初の快挙。少年時代にコーチを担当した柏井氏は、ゲームセンスとボ ールコントロール能力はそれぞれ100人に1人の逸材で「単純計算で1 万人に1人くらいの才能なのかもしれない」と述べた。

錦織は今年4月のバルセロナ・オープンでは決勝でサンティアゴ・ ヒラルド(コロンビア)を破って優勝。5月のマドリード・オープンで は決勝でラファエル・ナダル(スペイン)と戦ったが、途中棄権で準優 勝だった。この5月に世界ランキングを9位まで上げ、日本人男子の最 高記録を更新している。

街頭インタビューで野浦隆業氏(会社員、35)は錦織について「日 本人として勇気をもらえる。体格は海外の人よりきゃしゃだが、それで も挑戦し結果を出している」と話した。広島出身の井上甲乃南氏(48) は「同じ中国地方出身の選手の活躍は嬉しい。あそこまでたどり着いた のは本当に素晴らしい。決勝も頑張ってほしい」と応援する。

アスリート長者番付

フォーブス誌のアスリート年間長者番付によれば、錦織は男子テニ スで5位。2013年6月-14年6月に稼いだ1100万ドル(約12億円)のう ち900万ドルはアディダス、デルタ航空などのスポンサー収入だった。 錦織はファーストリテイリングとも契約している。

錦織選手の公式サイトによると、錦織は日清食品と所属契約を結ん でいる。スポンサー契約はユニクロの他、ウイルソン、アディダス、ウ イダータグ・ホイヤー、ジャックス、デルタ航空、IMGアカデミ ー、WOWOWと結ぶ。準決勝では同様にFリテイリと契約するジョコ ビッチとともに「ユニクロ」のウェアを着て戦った。

今回の全米オープンではジュニアダブルスの中川のほか、国枝慎吾 (ユニクロ、30)が男子車いすのシングルス、ダブルスで2冠を果たす など、日本人選手の活躍が目立っている。第10シードの錦織は8日の決 勝でマリン・チリッチ(クロアチア)と戦う。

--取材協力:日高正裕、宮沢祐介、高橋舞子、Ma Jie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE