米国株:上昇、雇用減速で低金利観測-国際情勢は緊張緊張

5日の米国株は上昇。S&P500種 株価指数は週初からの下げを埋めた。国際情勢の緊張緩和に加え、米国 の雇用の伸びが予想以上に悪かったことを受け、金融当局は利上げを急 がないとの見方が強まった。

ドラッグストアのウォルグリーンは上昇。四半期売上高が予想を上 回ったことが好感された。アリババ・グループ・ホールディングを22% 保有するヤフーは1%高。アリババは規制当局に新規株式公開 (IPO)を申請し、最大211億ドルの調達を目指している。

S&P500種株価指数は0.5%上げて2007.71と最高値を更新。ダウ 工業株30種平均は67.78ドル(0.4%)高い17137.36ドルだった。

リッジワース・インベストメンツのシニアストラテジスト、アラ ン・ゲイル氏(アトランタ在勤)は「雇用統計はかなりハト派的な内容 だ」と指摘。「低金利の長期化が活発に議論されるようになるだろう。 引き締めの議論から徐々に距離を置こうとするイエレン連邦準備制度理 事会(FRB)議長の姿勢を後押しするものだ」と続けた。

8月の米雇用統計

米労働省が発表した8月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 (事業所調査、季節調整済み)は前月比14万2000人増加と、今年に入り 最も低い伸びにとどまった。欧州では低調な成長を受けて、欧州中央銀 行(ECB)が前日、追加刺激策を発表した。

ウクライナ政府は親ロシア派分離主義武装勢力と、5日発効の停戦 に合意した。

S&P500種は先月に月間ベースで3.8%上昇し、2月以来の大幅高 となったほか、初めて2000台を記録した。S&P500種の株価収益率 (PER、予想値ベース)は16.8倍と2009年末以来の高水準となった。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 ( VIX)は4.4%低下して12.09。前日までは3日連続で上昇していた。 VIXは先月、29%低下した。

8月の米雇用者の伸びはブルームバーグがまとめたエコノミスト予 想の下限をさらに下回り、イエレン議長が指摘する「労働力の活用はな お極端に低い状態にある」との見解を裏付けた。失業率はただ、当局者 の予想よりも速いペースで低下しており8月は6.1%となった。

アリババIPOでヤフー高い

ヤフーは1%高。電子商取引サイト運営で中国最大手のアリババ と、ヤフーなどの同社株主は1米国預託株式(ADS)当たり60ドルか ら66ドルで3億2000万ADSを発行する計画だ。

ウォルグリーンは2.4%高。同社2014年度第4四半期(6-8月) 決算によると、売上高は6.2%増の190億6000万ドル。アナリスト予想中 央値の190億1000万ドルを上回った。

一方、ディスカウント・チェーンのダラー・ゼネラルは2.3%安。 同業ファミリー・ダラー・ストアーズに買収案を提示していたダラー・ ゼネラルは、買収額を91億ドルに引き上げて再提案したものの、拒否さ れた。

原題:U.S. Stocks Rise as High-Yield Shares Gain Amid Payrolls Report(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa、Joseph Ciolli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE