ケリー米国務長官、「イスラム国」撲滅を誓約-10カ国外相会議

北大西洋条約機構(NATO)首脳 会議の開催に合わせて10カ国の外相がイスラム過激派組織「イスラム 国」への対応について協議した。ケリー米国務長官はシリアとイラクの 一部を支配するイスラム国の撲滅を誓約した。

ケリー長官は5日開かれた10カ国の外相会合の冒頭で、「イスラム 国を破滅させる能力がわれわれにはあると確信する」と発言。「1年か もしれないし、2年かかるかもしれない。あるいは3年かかるかもしれ ない。しかし、それは必然だとわれわれは決意している」と述べた。

米国務省の報道官によると、ケリー長官とハモンド英外相が同外相 会合の議長を務めた。会合にはフランス、ドイツ、トルコ、イタリア、 カナダ、ポーランド、デンマークが参加した。この他、NATO加盟国 ではないが米国に協力してアフガン戦争に派兵していたオーストラリア も出席した。

原題:Kerry Vows Islamic State Destruction as Coalition Weighs Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE