米雇用統計はイエレンFRB議長の味方、利上げ慎重論を後押し

米金融当局が想定より早期に利上げ に踏み切ると考えている投資家は、5日発表の雇用統計を受けて考え直 す必要があるかもしれない。

労働省が発表した8月の米雇用統計では、雇用者の増加幅が市場予 想を大幅に下回る14万2000人にとどまった。金融政策の引き締めを期待 する声に対して忍耐を求めるイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議 長や金融政策当局者は、雇用統計を味方に付けたとエコノミストらは語 る。

ソシエテ・ジェネラルの米国担当チーフエコノミスト、アニタ・マ ルコウスカ氏(ニューヨーク在勤)は、「イエレン議長へのプレッシャ ーは確実に和らいだ」と述べ、「市場とハト派にとっては時間稼ぎにな る」と続けた。

イエレン議長は「労働力の活用はなお極端に低い状態にある」と指 摘しているが、8月の雇用統計はその見解を裏付けた。失業率はただ、 当局者の予想よりも速いペースで低下しており8月は6.1%となった。

原題:Jobs Report Bolsters Yellen’s Caution on Raising Interest Rates(抜粋)

--取材協力:Jeff Kearns、Victoria Stilwell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE