フォード、中国でフォーカス19万台強リコール-燃料漏れの恐れ

米自動車メーカー、フォード・モー ターは中国で4年ぶりの大規模なリコール(無料の回収・修理)を実施 する。セダン型「フォーカス」の燃料漏れリスクを当局が指摘した。

中国国家品質監督検査検疫総局がウェブサイトに掲載した声明によ れば、フォードの中国合弁である長安フォードは2009年以降に製造され たフォーカス19万1770台をリコール対象とし、安全を脅かす恐れのある 部品を交換する。

リコールを前に、消費者の苦情を受けて調査を行った当局がフォー カスの燃料ホースにひびが入って燃料漏れが起こり、極端な場合は火災 になるリスクがあると判断した。同様の問題が他の自動車にも見つかれ ば、フォードにリコール対象の拡大を命じる公算があるという。

同社は10年5月に、イグニッションスイッチ(始動装置)の不具合 でフォーカス23万6643台をリコールしている。

原題:Ford Recalls Most Cars in China Since 2010 After Fuel Leak Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE