中国株(終了):上海総合指数、週間で1年7カ月ぶり大幅高

中国株式相場は6営業日続伸。上海 総合指数が週間ベースで1年7カ月ぶりの大幅な上げとなった。政府が 景気支援と4年にわたり低迷している株価のてこ入れに向けた動きを加 速させているとの観測が広がった。

海通証券(600837 CH)は1.6%高と6営業日続伸。最近の株取引増 加で利益が押し上げられるとの見方が背景。鉄道車両メーカーの中国南 車(601766 CH)と中国北車(601299 CH)は、政府当局が両社の合併を 図っているとの財新網の報道を受けて上昇。ただ、両社は合併提案は出 ていないと表明している。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.9%高の2326.43で終了。今週は4.9%上昇した。上海、深圳両証 取のA株に連動しているCSI300指数は1%高。今週は4.8%の値上が り。

交銀国際のストラテジスト、洪灝氏は5日のリポートで「経済のフ ァンダメンタルズ(基礎的諸条件)は弱さが続きそうだが、下げたとこ ろでは買うべきだ。向こう数週間で高値を更新する公算は大きいだろ う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE