ダラス連銀総裁:米ジャンク債の利回り低下は市場過熱示す

米ダラス連銀のフィッシャー総裁は 4日、ジャンク(高リスク高利回り)債の利回り低下が米市場の過熱を 示しているとの見解を明らかにした。

フィッシャー総裁はダラスでの講演で、「一連の指標はわれわれが 行き過ぎたことを示す」と発言。「私は1975年から米信用市場に関わっ てきたが、このように活気づいた状態はみたことがない」と指摘した。

投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が引き続き政策金利をゼ ロ近辺にとどめると見込んで高利回り債を買い入れており、ジャンク債 需要は拡大している。

原題:Fisher Says Booming Junk Markets Have ‘Overshot the Mark’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE