ドラギ総裁、95兆円規模を経済に供給へ-国債購入は避け

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は少なくとも7000億ユーロ(約95兆3000億円)相当をユーロ圏経済に 供給する方針を示唆した。一方で国債購入は避け、ドイツとの対立を先 送りした。

総裁はECBのバランスシートの規模を2012年初期の2兆7000億ユ ーロへと現在の2兆ユーロから増やす方向へ「強く促す」ことを表明。 同時に、これで打ち止めとなる利下げも発表した。利下げと民間部門の 資産購入で、ユーロ圏のインフレの回復を目指す。

米国や日本のような全面的な量的緩和(QE)で24人から成る ECBの政策委員会をまとめることは、ドイツ連邦銀行のバイトマン総 裁らの反対で難しい。一方で、より強い措置を求める政策委員もあり、 4日の決定は「恐らく、ドラギ総裁がQEに向けて政策委内の意見を十 分まとめ切れていないことを反映したものだろう」と、パシフィック・ インベストメント・マネジメント(PIMCO)のポートフォリオマネ ジャー、アンドルー・ボゾムワース氏は述べ、「ECBは必要になれば 一段の措置を取る用意がある」との見方を示した。

ECBは4日、大方の予想に反して3つの政策金利全てを0.1ポイ ント引き下げ、リファイナンスオペの最低応札金利を0.05%、中銀預金 金利をマイナス0.2%、限界貸出金利を0.3%とした。

利下げは企業や家計に貯蓄よりも支出を促す効果があるほか、6月 にECBが発表した条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)の 利用を増やす効果が期待される。今月に初回が予定されるTLTROで 銀行はリファイナンス金利への小幅な上乗せで最長4年間、資金を借り 入れることができる。

今回の利下げで政策金利は下限に達したとドラギ総裁は言明。伝統 的な政策手段を使い果たすのと同時に資産担保証券(ABS)の購入計 画を発表した。

ドラギ総裁は2011年の就任以来、積極的な行動を辞さない姿勢を繰 り返し示している。独コメルツ銀行のエコノミスト、イエルク・クレー マー氏は、ECBが最終的に国債を購入する可能性がまだ60%はあると みている。

原題:Draghi Calls for Almost $1 Trillion of Stimulus With No QE Fight(抜粋)

--取材協力:Stefan Riecher、Catherine Bosley、Emma-Victoria Farr、Zoe Schneeweiss、Jana Randow、Jennifer Ryan、Alessandro Speciale、Scott Hamilton、Fergal O’Brien、Jeff Black.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE