パウエルFRB理事:指標金利の改革で一段の措置を計画

米連邦準備制度理事会(FRB)の パウエル理事は4日、極めて重要な金融指標の算出方法を改革し、その 代替手段の利用促進のため、監督当局が市場参加者と共に追加的な措置 を計画していると語った。

同理事はニューヨークでの講演で、世界の金融市場に影響力を持つ ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に言及。講演テキストでは「ド ルLIBORはより幅広い取引タイプを含める形で見直す必要がある」 と指摘した。

パウエル理事は取引に基づきドルLIBORを算出できる十分な無 担保借り入れがあることがFRBによる予備調査で示されたと説明。現 行の算出手法からの変更は可能との認識を示した。

欧米やアジアの当局は、世界の大手銀行のトレーダーが特定の投資 ポジションに恩恵が出るようLIBORなどの指標を不正に操作した疑 いをめぐり、調査を進めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE