NY金:反落、11週間ぶり安値-ドル上昇で代替需要減退

ニューヨーク金先物相場は反落 し、11週間ぶり安値。ドルの上昇を背景に、代替投資の金買いが減退し た。

ドイツ銀行のアナリスト、ホルヘ・ベリスタイン氏は電話インタビ ューで、金融緩和という「特別措置の効果は薄れつつある」と指摘。 「この日も市場は好感したが、中央銀行の利下げが続けば、市場はそれ に慣れてくる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.3%安の1オンス=1266.50ドルで終了した。

原題:Gold Declines to 11-Week Low as Gains for Dollar Reduce Demand(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim、Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE