米国民の所得格差さらに拡大、回復の恩恵は高所得層だけ-調査

2010年から13年にかけての米景気回 復で、所得増加の恩恵を受けたのは高所得層だけだったことが米連邦準 備制度の調査で分かった。それ以外の層では所得は横ばい、もしくは減 少したという。

FRBが4日公表した消費者金融調査によると、上位10%の家計の 中央所得はこの3年間で2%上がり、インフレ調整後で年間22万3200ド ル(約2300万円)。これとは対照的に、下位60%の層の所得は大きく落 ち込んだ。

景気回復期に消費者金融の改善がますます階層化したのは、米金融 当局による異例の緩和措置で株価と住宅市場が底上げされたことが一 因。その一方で労働市場の進展は遅く、多くの労働者にとって賃金は伸 び悩み、所得格差が悪化している。

同調査は10年以降の「所得・純資産動向における著しい格差」を明 らかにしたと、エコノミストらは報告書で書いている。

データによると、すべての層の中央所得は3年間で5%下がった一 方、平均所得は4%上がった。報告書はこの現象を「所得集中の鮮明化 と一致している」と分析した。

原題:Median Incomes Fell for All But Richest in 2010-2013, Fed Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE