ロシア株続伸、ウクライナ停戦も-ECB政策でルーブル上昇

4日のロシア金融市場では、同国の 株価指数が3日続伸。親ロシア派武装勢力との和平協議が予定通りに5 日に行われるなら停戦を宣言する用意があると、ウクライナのポロシェ ンコ大統領が表明したことが手掛かり。欧州中央銀行(ECB)が刺激 策を拡大したため、ルーブルはユーロに対し値上がりした。

MICEX指数は前日比0.6%高の1457.34で終了。3日は3.5%の 値上がりだった。ルーブルはモスクワ時間午後6時現在、ユーロに対 し0.9%高で推移。対ドルでは一時0.6%の下げを埋めた。ロシアのユー ロ債(2030年3月償還)は3日続伸で、利回りは14ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下の4.66%となった。

ポロシェンコ大統領の発言でウクライナ政府軍と親ロシア派武装勢 力の戦闘が終結するとの観測が強まった。これを受けて、ロシアが追加 制裁を回避できる可能性が浮上した。ECBはこの日の政策委員会で、 3つの政策金利を全て引き下げた。さらに、資産担保証券(ABS)と カバード債の購入を開始することも明らかにした。実体経済への融資促 進が目的。

原題:Russia Stocks Climb 3rd Day on Ukraine Truce as ECB Spurs Ruble(抜粋)

--取材協力:Vladimir Kuznetsov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE