米労働生産性:第2四半期確定値は2.3%上昇-予想2.4%上昇

米労働省が発表した4-6月(第2 四半期)の非農業部門労働生産性指数(確定値)は前期比年率2.3%上 昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は2.4% 上昇だった。速報値は2.5%上昇。

第2四半期の単位労働コスト指数(単位当たりの生産に要する労働 コスト)は0.1%低下した。市場予想は0.5%上昇だった。

原題:U.S. 2nd-Quarter Productivity Rose 2.3%; Est. 2.4%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE