中国:短期市場金利、5日連続低下-緩和的政策継続の兆しで

中国金融市場で4日、指標の短期金 利が5営業日連続で低下した。中国人民銀行(中央銀行)が景気回復を 支えるため金融政策を緩和気味に維持する兆しを織り込んだ。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、人民銀は3日までの5 営業日に金融システムに70億元(約1200億円)を投入。ロイター通信は 3日、関係者の話として、中国が上場している不動産開発会社に銀行間 市場での証券発行を認めると報じた。

銀行間資金の取引センターNIFCの加重平均によれば、7日物レ ポ金利は上海で前日比11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下し3.28%。一時は3.22%と、8月20日以来の低水準となった。今週 は39bp低下している。

--取材協力:Yanping Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE