JPモルガンの情報、賃しコンピューターでロシアに-関係者

米銀JPモルガン・チェースから盗 まれたデータをロシアの主要都市に送るため、高度な技術を持つ犯罪者 らが借りることのできる世界的コンピューターネットワークが利用され たことを示す手掛かりを、同行の内部調査担当者が発見した。事情に詳 しい複数の関係者が明らかにした。

街頭のマジシャンが手品を使うように、ハッカーらは中南米からア ジアまで世界中のコンピューターを利用して正体を隠しながら指示を出 し、ウォール街で最も強固にガードされたネットワークの一つを突破し て不正アクセスしていた。

調査は継続中だとして関係者の1人が匿名を条件に明らかにしたと ころによると、ほぼ24時間体制で調査に当たっている行内の調査担当者 らは「防弾ホスティング」と呼ばれる攻撃拠点と考えられるものを特定 した。問題のコンピューター群はこれまでに複数のハッカー攻撃で使わ れており、現在は銀行を標的に東欧で活動しているプロのサイバー犯罪 者らによって利用されている。

JPモルガンの調査担当者だけでなく、連邦捜査局(FBI)や国 家安全保障局(NSA)などの機関もハッカー攻撃の大本探しに取り組 んでいる。

米戦略国際問題研究所(CSIS)のジェームズ・ルイス上級研究 員によれば、JPモルガンの担当者が特定したのと同様のサイバー犯罪 活動を、ロシア当局の保護を受けた有力者が操ってきた。同研究員は、 今はなくなったがかつてロシアン・ビジネス・ネットワーク(RBN) として知られていた組織を挙げ、「マフィアのようなものだ」と指摘。 第2、第3のRBNであれば「かつて大いに悩まされた米政府はひどく 憂慮するだろう」と述べた。

原題:Computers for Hire Said to Send Stolen JPMorgan Data to Russia(抜粋)

--取材協力:Chris Strohm、Hugh Son.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE