ゴールドマン元幹部設立企業にブラックストーン出資-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プの元幹部が設立したヘッジファンド運用会社に、米投資会社ブラック ストーン・グループが最大2億ドル(約210億円)を出資する方針を伝 えている。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

この運用会社は、ゴールドマンのグローバル・スペシャル・シチュ エーションズ・グループ元責任者ジェーソン・ブラウン氏が香港に設立 したアーカン・キャピタル・マネジメント

情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところによ れば、ブラックストーンは1日にアーカンに1億5000万ドルを出資。ア ーカンはブラックストーンが表明している残り5000万ドルについ て、2015年6月末までに追加出資を要求する権利を有するという。

08年の世界的な金融危機以降、ブラックストーンがアジアで新興の ヘッジファンド運用会社を支援したのはアーカンで2社目。1社目とな った香港本拠のセンリガン・キャピタル・グループは、ブラックストー ンの支援を得て2年足らずで資産が10億ドルを上回った。

関係者によると、アーカンは常勤スタッフ9人、資本金約2000万ド ルで8月1日に投資を開始した。新興市場、主にアジアで企業に直接融 資したり、割安な株式、価格にゆがみが生じている高利回り債や融資債 権、ディストレスト社債などに投資する。ブラックストーンは出資分に ついて3年間は売却できないという。

ブラウン氏はベアー・スターンズでクレジットアナリストとして金 融業界での仕事を開始した後、ゴールドマンに入社。ゴールドマンに は14年勤め、関係者の話では06-11年にアジアのスペシャル・シチュエ ーションズ・グループ責任者を務め、11年から13年の退社時までグロー バル・スペシャル・シチュエーションズ・グループを率いた。

ブラックストーンの広報担当者ピーター・ローズ氏、アーカンのア ダム・ロビンソン最高執行責任者(COO、香港在勤)は共にコメント を控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE