ヤム・ブランズ:中国の6-8月既存店売上高が約13%減

「KFC」や「ピザハット」を展開 する米ヤム・ブランズは、 中国での6-8月の既存店売上高が約13% 減少したことを明らかにした。同社は売上高の約半分を中国が占める。

ヤム・ブランズは米証券取引委員会(SEC)への届け出で、 KFCとピザハットの中国での売り上げは、不適切な販売慣行をめぐり 米OSIグループ傘下の上海福喜食品に対する捜査が発表されたこと で、打撃を受けたと説明。同社はOSIと上海福喜食品に対し法的措置 を計画していることも明らかにした。

届け出の中で同社は「売り上げは持ち直しつつあるが、まだマイナ ス圏だ」とし、「われわれのブランドはこれまで回復力を立証してき た。今回も同様の展開を期待している」とコメントした。

原題:Yum Says Same-Store Sales in China Fell 13% After Supplier Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE