米高級車販売:「キャデラック」苦戦-「レクサス」は首位

米ゼネラル・モーターズ(GM)が ドイツの高級車メーカーに対抗するために「キャデラック」部門の幹部 に起用した2人は、その課題の厳しさを目の当たりにしたようだ。

キャデラックが3日発表した8月の販売台数は18%減少。2002年に 投入したセダン「CTS」はその角ばったスタイルが人気を集めキャデ ラックが息を吹き返す一助となったが、改良された同モデルの販売台数 は7月に29%減り、8月も35%落ち込んだ。

キャデラックの1-8月の販売台数は4.7%減の11万4008台。これ に対し、GMは2.8%、業界全体は5.1%のそれぞれプラスとなってい る。GMは今年1月、キャデラック部門の最高マーケティング責任者に BMW元幹部のウベ・エリングハウス氏を起用。8月には日産自動車の インフィニティ部門やフォルクスワーゲンのアウディ部門の米国法人を 率いたヨハン・ダ・ネイシン氏を社長に起用した。

米高級車市場ではトヨタ自動車の「レクサス」が7、8月に販売を 大きく伸ばしたものの、ドイツ勢が年初来でリードを保っている。 BMWの「BMW」ブランドの販売台数は1-8月に12%増加。独ダイ ムラーの「メルセデス・ベンツ」より約5100台多い。8月の販売台数は BMWで11%、メルセデスで9.4%それぞれ増えた。

レクサスの8月の販売台数は10%増の3万2809台で、2カ月連続ト ップとなった。1-8月では16%増の19万8831台に達した。

原題:GM’s Cadillac Weighs More Features to Hold Luxury Price in Slump(抜粋)

--取材協力:Mark Clothier.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE