米貿易赤字:7月は405億ドル、予想外に縮小-半年ぶり低水準

7月の米貿易赤字は市場予想に反し て縮小し、半年ぶり低水準となった。輸出額が過去最高に増えた。

米商務省が発表した7月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比0.6%縮 小し、405億ドルとなった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は424億ドルだった。前月は408億ドル(速報 値415億ドル)に修正された。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノ ミスト、ラッセル・プライス氏は「第3四半期の滑り出しは好調といえ る」と指摘。輸出の増加は「主にエネルギー輸出が増えたためだ。エネ ルギーは米国からの輸出に非常に安定した形で貢献している。これは今 後も続きそうだ」と加えた。

輸出額は1980億ドルに増加。前月は1962億ドルだった。

輸入額は0.7%増の2386億ドル(前月は2370億ドル)。自動車や原 油の輸入が増えた。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を除いた 実質財収支の赤字は482億ドルに縮小。これは昨年12月以来の低水準。 前月は489億ドルだった。

い。

原題:Trade Gap in U.S. Unexpectedly Narrows to Six-Month Low (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE