ブラジル株:反落、ペトロブラス安い-一時は13年以来の高値

3日のブラジル株式市場で指標のボ ベスパ指数は反落。一時は2013年1月以来の高値を付けていたが、下げ に転じた。景気の見通しを考えると最近の上昇は行き過ぎとの観測が広 がり、ブラジル石油公社 (ペトロブラス)を中心に売られた。

ペトロブラスは2.5%安。大学運営のエスタシオ・パルチシパソン エスは1.6%安と、3日続落。ショッピングモール所有のBRモルス・ パルチシパソンエスは2.9%安と、5週間ぶりの大幅な下げ。ボベスパ 構成銘柄で最悪のパフォーマンスとなった。ただ、商品相場上昇を受け 鉄鉱石生産のヴァーレが0.9%値上がりしたため、ボベスパ指数の下げ は限定的だった。

ボベスパ指数は前日比0.1%安の61837.04で終了。0.7%上昇する場 面もあった。通貨レアルはサンパウロ時間午後5時37分(日本時間4日 午前5時37分)現在、0.3%高の1ドル=2.2374レアル。

原題:Ibovespa Retreats From 19-Month High as Petrobras Leads Losses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE