NY原油:反発、米在庫減少見通しで-ブレントも高い

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発。先週分の米原 油在庫統計で減少が示されるとの見通しから、買いが入った。ロシアと ウクライナの停戦に向けた協議が対ロ制裁の緩和につながるとの観測か ら、ロンドンの北海ブレント原油も上昇した。

エネルギーコンサルティング会社リポウ・オイル・アソシエーツ (ヒューストン)のアンディ・リポウ社長は「ウクライナ停戦への道筋 が見えてきそうだとのニュースを受けて、原油は前日の大幅安から値を 戻しつつある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比2.66ドル(2.86%)高の1バレル=95.54ドルで終了。ロンドン ICEのブレント10月限は2.4%高の102.75ドル。

原題:Brent Crude Rebounds From 16-Month Low on Russia, Ukraine Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE