欧州債:総じて下落、ウクライナめぐる停戦協議と国債発行で

3日の欧州債市場ではユーロ参加国 の国債が総じて下落。ロシアのプーチン大統領が、ウクライナ東部での 停戦に向けた措置について同国のポロシェンコ大統領と合意したことが 背景にある。

ドイツの5年債入札で応札額が目標上限に達しなかったほか、オー ストリアやベルギーも含めた中核国の国債も値下がりした。ウクライナ をめぐる協議で域内で最も安全とされる国債の需要が減退したためだ。 欧州中央銀行(ECB)が4日にも追加緩和を決定するとの観測から、 域内の国債利回りは先週に過去最低を付けていた。ポルトガルが15年債 を銀行団を通じ、またフィンランドは新発ドル建て債をそれぞれ発行し た。

ウニクレディト(ミラノ)のシニア債券ストラテジスト、ルカ・カ ツラーニ氏は、ウクライナをめぐる「ニュースからの安堵(あんど)感 で売りが幾分出たのは確かだ」と語った上で、「ECB会合を控えてい るほか、マクロ経済の状況は引き続き弱い」とも述べ、相場下落は限定 的になると予想した。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比2ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.96%。先月28日に は0.866%と、ブルームバーグが1989年にデータ集計を開始してからの 最低を付けた。同国債(表面利率1.5%、2024年5月償還)価格はこの 日、0.235下げ105.015。

オーストリア10年債利回りは3bp上げ1.22%、同年限のベルギー 国債利回りは2bp上昇し1.31%となった。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によれば、ECBが4 日に主要政策金利を0.1ポイント引き下げて過去最低の0.05%にすると 6人が予想、残る51人は据え置きを見込んでいる。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のこの日の発表によれば、40億ユーロ 相当の新発5年債の平均落札利回りは過去最低の0.25%だった。目標上 限50億ユーロに対し、応札額は49億9600万ユーロだった。

原題:European Bonds Drop on Ukraine Cease-Fire Talks Amid Debt Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE