8月米自動車販売:クライスラー大幅増-日産やトヨタも好調

自動車メーカー各社が発表した8月 の米自動車販売統計によると、クライスラー・グループの販売台数が8 月としては過去12年で最多となった。このほかフォード・モーターやト ヨタ自動車、ホンダ、日産自動車もアナリスト予想を上回った。

8月の販売台数はクライスラーが20%増(アナリスト予想は12% 増)、日産は12%増(予想2.7%増)、トヨタは6.3%増(予想3.3% 減)、ホンダは0.4%増(予想9.1%減)、フォードは0.4%増えた(予 想1.2%減)。

ゼネラル・モーターズ(GM)は1.2%減と、アナリスト予想 (0.1%減)を上回る落ち込みとなった。

調査会社オートデータによれば、業界全体での8月の自動車販売は 前年同月比5.5%増の159万台と、アナリスト予想の平均(150万台)を 上回った。季節調整後の年換算では1750万台と、2006年1月以来の高水 準。市場予想は1660万台だった。

クライスラーは「ジープ」やトラック「ラム」、ミニバン「タウ ン・アンド・カントリー」などが好調。ジープ販売は49%増加した。

日本メーカー

日産はクロスオーバーSUV(スポーツ型多目的車)の「ローグ」 が24%増の2万1419台。セダン「アルティマ」は3.8%増えて3万2153 台。電気自動車(EV)「リーフ」は32%増の3186台と、1カ月間の販 売台数としては過去最多となった。

ホンダは16万7038台。「アコード」は32%増の5万1075台で、過去 最多となった。これによりアコードは8月、今年に入り初めてトヨタの 「カムリ」を抜いて米市場で最も多く売れた車となった。

SUVの販売ではトヨタの「RAV4」が3万5614台でトップ。ホ ンダの「CR-V」の3万4079台を上回った。

フォードの販売台数は8月としては過去8年で最多。「フュージョ ン」や「エスケープ」は8月としては過去最多となった。一方でピック アップトラック「Fシリーズ」は4.2%減。車体にアルミを使用した新 モデルの生産準備のため、同シリーズを生産する工場2カ所のうち1カ 所を8月に一時的に閉鎖したことが背景にある。

このほか高級車ブランド「リンカーン」は0.6%減となった。

原題:Chrysler Leads Gains in Best U.S. Auto-Sales Month Since 2006(抜粋)

--取材協力:Alan Ohnsman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE