オバマ米大統領:中東「同盟」呼びかけ、イスラム国包囲で

オバマ米大統領は米軍の空爆でイス ラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の活動を抑止したとして、次の 段階は同組織を追い詰めるために中東地域での同盟を築くことだと述べ た。

米国人ジャーナリスト、スティーブン・ソトロフ氏が殺害されたこ とについて、オバマ大統領はこうした身の毛もよだつような行為は米国 と世界を一段と結束させるだけだと述べた。米政府はこれより前、イス ラム国が公開したソトロフ氏処刑の動画は本物だと確認した。

オバマ大統領は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する 前に訪問したエストニアの首都タリンで、イスラム国の「野蛮で空虚な ビジョン」と闘う上で「米国は今後も中東地域、そして国際社会の取り 組みを率いていく」と言明した。

イラクとシリアの一部を制圧したイスラム国との闘いで米国はもっ と強力な行動をとるよう、議会はオバマ大統領に圧力をかけている。米 軍はこれまでにイラクでのイスラム国拠点を標的とした空爆を実施。オ バマ大統領は2日、バグダッドの外交要員警備の目的で約350人の米軍 要員増派を承認した。

原題:Obama Says Regional Coalition Needed to Stop Islamic State (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE