仏BNPが自己勘定の新興市場トレーディング閉鎖-関係者

フランス最大の銀行、BNPパリバ はロンドンで、自己勘定で新興市場資産を売買する部門を閉鎖した。こ の結果、シニアトレーダー2人が退社したと、事情に詳しい関係者3人 が明らかにした。

英金融行動監視機構(FCA)の記録によると、当該部門を率いて いたジャンルク・アレクサンドル氏は7月に退社。トレーダーのフィリ ップ・フルカード氏は8月に同行を離れた。

銀行は、資本と流動資産保有を増やすことを求める国際合意や自己 勘定での取引を制限するボルカー・ルールへの対応を進めている。

アレクサンドル氏は携帯電話での取材に対しコメントを控えた。フ ルカード氏には連絡がついていない。BNP広報担当者はコメントを避 けた。

原題:BNP Said to Shut London Emerging-Market Proprietary Trading Desk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE