中国の短期金利、4日連続で低下-人民銀が資金供給との観測

3日の中国金融市場で、指標の短期 金利が4日連続で低下した。同国経済がまだら模様の状態であることを 複数の経済統計が示したことから、中国人民銀行(中央銀行)は十分な 資金供給を行うとの観測が広がった。

人民銀は公開市場操作(オペ)で180億元(約3080億円)相当のレ ポを実施。償還期限を迎えた300億元を下回り、3週連続の資金供給と なった。先週発表された統計では製造業活動の鈍化が示されたが、3日 発表の統計によると、中国の8月のサービス業活動は拡大ペースが加速 した。

銀行間資金の取引センターNIFCによる加重平均では、7日物レ ポ金利は上海時間午前11時9分(日本時間午後0時9分)現在3.37% と、12べーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し、先月18日以 来の大きな下げ。

原題:China Money Rate Drops for Fourth Day as PBOC Seen Adding Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE