ウォーバーグ、中国華融資産管理に740億円近く投資へ-関係者

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社ウォーバーグ・ピンカスが中国の不良資産管理会社 で最大手の中国華融資産管理に7億ドル(約740億円)近くを投資す る。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。外国の投資会社による 中国金融業界への投資で過去最大規模となる。

情報が非公開であることを理由に関係者1人が匿名で語ったところ では、ウォーバーグは華融が投資家グループに145億元(約2500億円) で売却した株式21%分のうち最大部分を取得した。

ガイトナー前米財務長官が社長を務めるウォーバーグは、中国にお ける融資の返済遅延増加で、不良債権の購入者にとっては好機が増える と見込んでいる。

同社は電子メールでブルームバーグ・ニュースに送付した資料で、 「当社の華融への投資は世界の金融業界で最大規模であると同時に、中 国への単独の投資として過去最大だ」と指摘。「華融の多様な金融手段 と健全な債務構造はそれ自体が安定的で低コストの資本であり、持続可 能な増益を達成するためのしっかりとした基盤だ」と説明した。

ウォーバーグの北京在勤広報担当者、李明霞氏は投資額に関しコメ ントを控えた。

華融は先週、ウォーバーグやゴールドマン・サックス・グループ、 マレーシア政府系ファンドのカザナ・ナショナルを含む投資家グループ に一部株式を売却したと発表していた。

原題:Warburg Pincus Said to Invest Close to $700 Million in Huarong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE