JPモルガンへのハッカー攻撃、ロシアの警告か-前NSA局長

米銀JPモルガン・チェースから大 量のデータを盗んだハッカーは、米金融機関を混乱させることができる というメッセージを送ろうとしていた可能性があると米国家安全保障局 (NSA)のアレグザンダー前局長が述べた。

米連邦捜査局(FBI)は、JPモルガンへのサイバー攻撃や他行 に侵入したかどうかについて、ウクライナ危機をめぐる欧米の制裁に対 するロシアの報復との関連を調べている。調査が継続中であることを理 由に事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

2005年から今年3月までNSA局長を務めたキース・アレグザンダ ー氏はインタビューで、今回の攻撃について直接は知らないとしながら も、ロシア政府が制裁への報復として攻撃を支援した可能性があると指 摘。「もし彼らが関与していたなら、『あなた方は脆弱だ』というメッ セージを実際に送ったことになる」と述べた。

原題:Former NSA Chief Says JPMorgan Hack May Be a Warning From Russia(抜粋)

--取材協力:Carter Dougherty、Susan Decker、Jordan Robertson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE