ウクライナ大統領、投資呼び込み目指す-海外でフォーラム開催

ウクライナのポロシェンコ大統領は 3日、同国を投資家に売り込むという困難な仕事に挑む。ロシアとの対 立で、ウクライナ経済はより深刻なリセッション(景気後退)に陥り、 同国の通貨と債券が打撃を受けている。

同大統領はロンドンで開かれる「ウクライナ投資」フォーラムで、 海外の投資家や銀行を含む参加者にビデオ放送を通じて演説する。主催 者のA7コンファレンシズによると、ウクライナが6月に欧州連合( EU)と協定を結んで以来、初の国際会議となる。同じような会議が月 内にフランクフルトで、11月にはニューヨークで予定されている。

ウクライナは東部地域で親ロシア分離派との戦闘が続く中、投資家 の信頼感の回復を目指している。2017年償還の同国ユーロ債は3カ月半 ぶり低水準に落ち込み、通貨フリブナは今年に入り対ドルで3分の1の 価値を失った。

スタンダード・バンク・グループの新興市場担当チーフエコノミス ト、ティモシー・アッシュ氏(ロンドン在勤)は電話取材で、「当局者 は投資家への働き掛けを続けるとともに、できる限り現実的になること が依然重要だ。今はその時期ではないだろうが、いずれウクライナ投資 の好機が到来するだろう」と述べた。

原題:Ukraine Reaches Out to Investors as Fighting Sparks Bond Selloff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE