エボラ熱感染拡大、西アフリカの食料供給脅かす-移動制限で

西アフリカでのエボラ出血熱の感染 拡大によって貿易に支障が出ており、食料価格が上昇していることが、 国連食糧農業機関(FAO)の報告書で明らかになった。報告書は、人 手不足のため近く始まる農産物の収穫もリスクにさらされていると指摘 している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。