ロンドン銅:上昇-米製造業活動の指標が需要増を示唆

2日のロンドン金属取引所 (LME)の銅相場は上昇。米供給管理協会(ISM)が発表した8月 の製造業総合景況指数が約3年ぶりの高水準となり、7月の米建設支出 が増加に転じたことで、銅需要の増加が示唆された。

LME銅(3カ月物)は前日比0.4%高の1トン=6968ドル。ニュ ーヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物12月限 は0.2%安の1ポンド=3.155ドル。

アーチャー・ファイナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテ ジスト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話取材に 対し、「米国発の経済指標の改善は強気のサインだ」と述べた。

原題:Copper Gains as Expansion in U.S. Manufacturing Signals Demand(抜粋)

--取材協力:Claudia Carpenter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE