コンカー・テクノロジーズが身売りでSAPなどに接触-関係者

企業向け出張費管理ソフトメーカー の米コンカー・テクノロジーズは身売りを検討しており、独SAPなど に関心を探るため接触した。事情に詳しい関係者が、情報が非公開であ ることを理由に匿名で明らかにした。

同関係者によると、コンカーは投資銀行と身売りに取り組んでお り、オラクルにも交渉を持ちかけた。関係者の1人によれば、オラクル は買収を求めないことを決定したという。コンカーの時価総額は2日の 株価終値に基づくと約58億ドル(約6100億円)。ニューヨーク市場の時 間外取引では、同社の株価は午後4時15分(日本時間3日午前5時15 分)時点で17%高の118ドル。

クラウドコンピューティングの普及で従来のソフトウエアの販売が 浸食されており、企業は新たな競争相手に対抗するため事業買収を迫ら れている。6月にはオラクルが、ホテルや飲食店向けソフトウエアを手 掛けるマイクロス・システムズを買収すると発表している。

コンカーの広報担当ダニエル・アダムズ氏には身売りのプロセスに 関するコメントを求めてメッセージを残したが、今のところ返答はな い。オラクルとSAPの代表者はコメントを控えた。

別の関係者の話では、コンカーはマイクロソフトにも接触したが、 同社には関心がなく、協議は行われていない。マイクロソフトの広報担 当、フランク・ショー氏はコメントを控えている。

原題:Concur Said to Explore Sale to Software Makers Including SAP (2)(抜粋)

--取材協力:Jack Clark、Ian King.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE