米ISM製造業景況指数:8月は59に上昇-3年ぶり高水準

米供給管理協会(ISM)が発表し た8月の製造業総合景況指数は3年ぶり高水準となった。受注は10年ぶ りの高い水準に上昇した。

8月のISM製造業総合景況指数は59と、2011年3月以来の水準に 上昇。前月は57.1だった。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予 想中央値は57への低下だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境目を 示す。

ISM製造業調査の責任者ブラッドリー・ホルコム氏は製造業指数 の上昇について「非常に広範にわたっている」と評価。1項目がけん引 しているわけではなく、「1月以降見られるトレンドが継続している」 と続けた。

項目別に見ると、新規受注は66.7と04年4月以来の高水準に上昇。 生産指数も64.5(前月61.2)と、10年5月以来の水準に上昇した。受注 残は52.5(前月49.5)に上げた。

このほか在庫および顧客在庫も前月を上回った。雇用指数は58.1 と、前月(58.2)からほぼ変わらずだった。

い。

原題:Manufacturing in U.S. Expands at Fastest Pace in Three Years (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE