ドラギ総裁の目的地は量的緩和-「道なき道」でも走り続ける

ドイツのショイブレ財務相に言わせ れば、欧州中央銀行(ECB)はもう終点に行き着いている。つまり、 ドラギ総裁の前に進むべき道はもうない。

マルコム・バー、グレッグ・フゼジー氏らJPモルガン・チェース のエコノミストらはしかし、ドラギ総裁の目的地は量的緩和(QE)で はないかと考えている。

フゼジー氏は先週のリポートで「ドラギ総裁は政策委員会の先頭を 走って、追加の景気刺激へと動かそうとしている」と書いた。

JPモルガンのエコノミストらの見積もりによれば、ECBが国債 購入を今年実施する確率は30%、来年については50%程度と低い。それ でもドイツの政策当局者らが認めようとしない利点が、債券購入にはあ ると考えている。エコノミストらは8月29日のリポートで、次のような 利点を指摘した。

-債券購入は域内のインフレ期待低下を防ぐ-ドイツ国債利回りにはあ まり低下余地がないものの、購入によってスペインなど周辺国の借り入 れコストは下がり、株や社債など他の資産の価格を押し上げることが可 能-QEが大企業に資金調達の道を提供すれば、銀行融資や社債市場を 中小企業が利用しやすくなる-QEは銀行が保有する国債の価値を高め 資本調達を容易にし、バランスシートの一段の修復に役立つ-流動性の 増加はユーロ安につながり輸出企業を支援する

ショイブレ財務相(71)はこれらのどれにも説得力があるとは考え ない。「金融政策はその持てる手段の最後に行き着いた」とメルケル政 権の財務相は先週のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語 った。

確かに、慎重に対処すべき理由はある。そうでなければ、米国や英 国のように、ECBは恐らくかなり前にQEを開始しただろう。ユーロ 圏には単一の債券市場があるわけではないので、これが政治的な論争に 加えて実践上の困難をもたらす。

また、国債利回りは既に過去最低付近にあり、ECBの資産購入が もたらす影響は限定的となる。銀行を通した間接金融への依存が大きく 市場からの直接調達の割合が低いことも効果を殺ぐ。また、資産購入で 圧力が和らげば、政府が経済改革努力の手を緩めるリスクもある。ドイ ツ連邦銀行(中銀)のバイトマン総裁はかねてから、資産購入に付随す るリスクを指摘している。

しかし、インフレ期待の低下とデフレの脅威を懸念するドラギ総裁 は闘いを再開する。総裁は「政策姿勢を一段と調整する用意がある」と 表明済みだ。ECBは4日に政策委員会を開く。

原題:Draghi Has Road to Run That Germany Can’t See in Opposing QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE