香港株:ハンセン指数、ほぼ変わらず-携帯電話銘柄が高い

香港株式相場でハンセン指数はほぼ 変わらず。携帯電話銘柄は上昇。一方、潤滑剤などを生産する天合化工 は急落し、売買停止となった。

中国2位の携帯電話サービス会社チャイナ・ユニコム(中国聯 通、762 HK)は4.1%高。香港の不動産開発会社、信和置業(サイノ・ ランド、83 HK)は2.2%高。前日までで5営業日続落していた。天合化 工(1619 HK)は4.9%下落。コーポレートガバナンス(企業統治)をめ ぐる問題の開示を目指すアノニマス・アナリティクスが投資判断を「ス トロング・セル」とした。

ハンセン指数は前日比ほぼ変わらずの24749.02で終了。ハンセン中 国企業株(H株)指数は0.1%高の10966.16。ハンセン総合指数は0.2% 高の3379.62。同指数の構成銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約2 対1。

プライド・インベストメンツ・グループのルイス・ワン最高投資責 任者(CIO)は「香港と上海の証券取引所接続の順調な滑り出しが相 場一段高のきっかけとなるだろう」と予想。「投資家のセンチメントは かなり良好だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE